道の学生ひのきしんDAY

道につながる学生が、一手一つに心を合わせ、それぞれの地域でひのきしんに汗を流します。

場所や内容は異なりますが、仲間達と親神様のご守護によって生かされていることへの感謝と喜びの心を分かち合います。

立教184年 道の学生ひのきしんDAY要項

趣旨

親神様のご守護を実感し、身体を使わせていただける喜びや感謝をひのきしんで表す。そして、全国の仲間と心で繋がり合い、ひのきしんができる喜びを共有する。

スローガン

Joy Full!! ~喜びいっぱい〜

期日

立教184年(令和3年)9月18日(土)

参加対象

高校生、大学生、短期大学生、大学院生、専門学校生など

主催

天理教学生会

開催形態

当日は各自でのひのきしん(自宅付近での清掃活動等)とします。
※現在の新型コロナウイルスの感染状況に鑑み、各会場に集まる形態での開催はいたしません。
※ひのきしんの前後に教理勉強やレクリエーション、ひのきしんの振り返り等を、教区・直属ごとにオンラインにて行うことを推奨します。

参加者の声

Feedback

学校の未信者の友達が参加してくれたことがとてもうれしかったです。
また、「ひのきしんDAY」に来てくれたみんなが、笑顔で一生懸命ひのきしんをしている姿を見て、僕もやる気をもらいました。
こんなに大勢の仲間とひのきしんができるのは本当にありがたいことだと思いました。

初めて会う人ばかりだったけれど、ひのきしんを通して、みんなと仲良くなれました。
最初は果てしないほどあった落ち葉が見る見るうちにきれいになっていき、とても気持ち良かったです。
誰かのためにもなるし、自分も喜べるので、ひのきしんっていいなぁと思いました。

スタッフとして参加して、今日初めて会った会員さんとも協力しながら楽しんでひのきしんができました。
教会の方からお礼の言葉をいただき、とてもうれしかったです!