三村勇蔵「神様からのメッセージ」

もくじ

愛が大事

私は天理高校第二部の男子寮、陽心寮で幹事をさせていただいています。現在、寮生活では、昨年から続くコロナウイルスの影響で、学生に我慢させてしまうことも多々あります。

先日、ニュース番組を見ていると、取材を受けていた人たちが「自粛で家にいることが多くなってストレスが溜まる」、「家族内で喧嘩が増えた」と答えていました。

ある日、私は、昨年大ヒットを記録した映画『鬼滅の刃』と『ポケットモンスター ココ』を見る機会がありました。どちらもとても素晴らしい作品で、特に印象に残っているのは「愛」でした。

『鬼滅の刃』からは兄弟愛、『ポケモン』からは家族愛を感じさせられ、その時ふとコロナ禍を生きる私たちにとってこの「愛」というのが何より大切ではないのかと思いました。

大変な時こそ

天理高校第二部の学生は、日中は教会本部の各施設でひのきしんに励み、夕方から学校に通います。そのため寮にはいないことが多いのですが、今年4月からの1カ月間は、コロナの影響で自粛生活を余儀なくされました。

先述のニュース同様、コロナによるストレスで学生も私も喜べない日が多くなっていきました。その期間、学生と関わる時間が増えたため、担当学生の良いところも悪いところもたくさん見えてくるようになりましたが、特に目についてしまうのは悪いところでした。

そのせいか、学生に不足してしまったり、学生たちの不満が溜まって、彼らと衝突することも多かったように思います。しかしこういう時こそ先ほど紹介した映画のように「愛」が大事になってくると思うのです。

寮幹事は学生たちのご両親の代わりにお世話取りをさせていただく立場であり、共におぢばでお育ていただくきょうだいでもあります。関わる時間が増えた時こそ親のように愛を注ぎ、兄弟のように信頼し合うことが大切だと確信しました。

今ではこれまで以上に学生と誠心誠意向き合うことができています。

私たちは、身上や事情を通して親神様からのメッセージを頂くことがあります。親神様は、一番大変な時に一番大切なことをいろんな形で見せてくださいます。私にとっては先ほどの映画がそれでした。

神様からのメッセージを見逃すことなく教えを頼りに歩んでいきたいと思います。

この記事をみんなにシェア!
もくじ
閉じる