ひながたについて– 関連するページ –

雛型。一般には、実物にかたどってつくった小さな模型や手本という意味。

教祖が月日のやしろとなられてからの50年(天保9年~明治20年)の道すがらを、すべての人間のたどるべき陽気ぐらしの手本という意味から「ひながた」、あるいは「ひながたの道」という。

1